動画や音楽を他の形式に変換するソフトウェア

パソコンだけでなく、スマートフォンなどのモバイル端末でも、音楽や映像コンテンツを楽しむ機会は一般的なものになっています。

それぞれの端末のディスプレイにマッチした解像度で画像を閲覧したり、動画を視聴出来る環境を整える事が必要です。

最近の動画プレーヤーのようなソフトウェアはグラフィックチップの動画再生支援機能に対応していますので、CPUの性能に依らずにフルHD以上の解像度の動画でもスムーズに視聴出来るようになっています。

しかし、モバイル端末ではディスプレイサイズがパソコンのモニターや液晶テレビと比較して低く、ストレージの容量が少ないですので、出来るだけ動画ファイルのサイズを小さくしておくのが有効です。



動画を他の方式に変換したり、解像度やビットレートを変更したりしたい時には、動画エンコーダと呼ばれるソフトウェアを使います。

NAVERまとめに関するご案内です。

フィルタなどを駆使して綺麗にエンコードを行いたい時には、高性能なプロセッサを搭載したパソコンでエンコードを行っていく事になります。

モバイル端末での再生が前提であり、それほど高い解像度が必要無い時には、グラフィックボードなどに搭載されているトランスコード機能を使える動画エンコーダを使うのが効果的です。



同じ作業を行うソフトウェアでも、最終的な目的によって変えていく事で効率的に作業を進められるようになります。

動画エンコーダは、高速な処理をしたい場合には、トランスコーディングが出来る物を選択すれば便利に使えるようになります。