Google MapsのAPIsについて

subpage01

GoogleMapsのAPIsについて皆さんはご存知でしょうか。

このサービスは、ウェブページに地図を表示させることができるという特徴があります。
例えば、ホームページやブログなどのサイトを作成した場合に、お偽紹介などで地図を載せたいような場合がある可能性が考えられ、その場合では、このGoogleMapsのAPIsを使用すると便利です。

Google Maps APIsの最新情報を紹介しています。

通常のただ地図を添付する場合とは異なっている部分があります。


まず、通常のGoogleMapsを添付する際には、マーカーなどの付属物や吹き出しなどの地図を少し可愛らしくする要素がありません。
添付するだけな場合は作業は単純ですが、少し手間をかけるだけでおしゃれな自分だけの地図を作ることが可能なのが、APIsの利点です。

今回はその主な方法をご紹介します。



最初に、APIキーを取得する必要があります。

その前提としてGoogleアカウントが必要になるので持っているかを確認しておきます。


そのあとにGoogleDevelopersConsoleの管理画面にアクセスをしましょう。

その後にプロジェクトの管理画面で作成をしAPIを有効にします。



この時、「APIを有効にする」をクリックします。
この作業が終わった後には、認証情報にアクセスをする事でAPIキーを作成することが可能です。

いかがでしたか。

一見難しそうですが、手順に沿って一つずつ説明通りこなしていけば誰でも簡単に地図を飾れます。