APIsがGoogleのMapsをより便利にする

subpage01

Googleが提供しているMapsは全世界の様々なエリアの地図が無料で利用できるサービスです。

インターネットに繋がるパソコンやスマートフォンなどがあれば誰でも簡単に利用することができます。
知りたい場所の地名や建物の名前を検索するだけで、周辺の地図や景色が確認できるので道に迷う心配も減らすことができるでしょう。

Google Maps APIsに出会えて満足です。

単純に地図が見たいだけなら、方法はスマートフォンなどのブラウザで目的地の地名をGoogle検索するだけです。

検索結果の一つとして、Mapsを選べば簡単に地図を手に入れることができます。
さらに、GPS機能を併用すると自分の居場所も表示できるので道に迷った時でも安心です。

地図にメモなどの書き込みをしたい時は、MapsのAPIs機能を利用します。


この機能を利用すれば、検索した地図にコメントを残したり保存することができるので便利です。



自分の居場所から目的地までの、アクセス方法もAPIsによって調べることができます。

Googleでは、徒歩だけでなく自動車や電車などを使った時の移動時間を自動的に計算してくれるので予定を立てるときに役立ちます。

カーナビ代わりにMapsを利用することも不可能ではありません。

APIsをさらに使いこなしたい時は、Googleアカウントでログインする必要があります。

アカウントの取得は無料ですし、簡単なので心配ありません。



また、必要に応じてAPIsキーの取得を行います。Webサイトに地図を掲載したいという人は、キーを取得しておいた方がより便利です。