地図表示が容易になるGoogleMapsAPIs

subpage01

Webサイトで地図を表示したくなる事がありますが、この地図の機能を一から作る事は時間が掛かり、肝心の地図データを入手する事が難しいです。

オリジナリティに富むGoogle Maps APIs情報といえばこちらです。

そこで、多くのWebサイトでは、地図コンテンツを作る時にGoogleMapsAPIsを使ってマップデータの呼び出しなどが出来るようにしておきます。

GoogleMapsAPIsを使う時にはAPIキーが必要になりますので、APIキーを配布している公式サイトにアクセスしてAPIキーを予め登録しておきます。



無料でマップデータを表示出来るのは1日当たり25000回までとなっていますので注意が必要です。



有料化をする事でマップロードの1日のリクエスト数が10万回になりますので、特に企業サイトでは有料化した方がGoogleMapsAPIsのフル機能が存分に活用する事が出来ますので有利でしょう。

地図表示が容易になりますので、開発者の負担はマップ用APIを書く手間を省け、本来Webサイトに盛り込みたい機能に集中する事が出来ますので、完成度の高い地図コンテンツを公開する事が可能です。

飲食チェーンや量販店であれば、店舗情報のアクセスマップをGoogleMapsAPIsによる地図表示に置き換える事で高度なマップを顧客に提供する事ができ、顧客はそのアクセスマップを参考に従来よりも店に行き易くなりますので、企業にとっては集客の効果が期待出来ます。GoogleMapsAPIsには、世界中のマップデータを呼び出すだけのパワフルな性能を持っていますので、様々なシーンで役立ちます。