組み込み向けソフトウェア

ソフトウェアは動作する環境によって作り方が変わってきますが、最近注目されているのが組み込み用途です。

組み込みとは通常のコンピュータとは違い、多くの処理をするわけではなく、決まった行動を行なう小型のコンピュータです。



計測機器に搭載されたり、話題のIOT用に開発されたりとさまざまな用途に使われています。

組み込み系のソフトウェアの特徴は速度が早く、また、安定していることです。また、組み込み系のコンピュータはメモリやCPUに余裕が少ないこともあり、ソフトウェア開発では無駄を極力省いたものが利用されます。

組み込み系の開発で利用される言語はCやC++が多いです。

wikipediaに関して最新情報を教えます。

特にCについては使用メモリ量を減らすことができ、また、動作速度、使用できる機器も広いことからよく使われています。

ニュータニックスとはについて悩んでいませんか。

C++も使われていますが、メモリを多めに使ってしまう場合が多く作成にはコツが必要です。


組み込み系の開発では専用の開発ツールがていきょうされることが多いのですが、特にデバッガーが優秀なものが多いのが特徴です。

また、プロファイラ機能も搭載されており、メモリを極力少なくするための方策が取りやすくなります。

組み込み系の開発ではCがよく採用されますが、CPUによってはJavaやJavascriptでも動作するタイプも登場してきています。

これらの機器はインターネットととの接続を重視したタイプであり、観測やリモート動作などのために利用されることが多いようです。